柔道整復師が年収をアップさせる方法5つをご紹介!イキイキと働くためのキャリアアップ・キャリアチェンジをしよう
捻挫や打撲、脱臼、挫傷などの怪我を手技で治療する柔道整復師。
柔道整復師の皆さんの中で、現在の収入に満足できている方はどれ程いらっしゃるでしょうか?少なくともこの記事をご覧になっているということは、少なからず待遇に不満があったり、将来に不安を持っていたり、もっと年収アップさせたい!とお考えではないでしょうか?
柔道整復師は、患者さんの持つ痛みを和らげ笑顔にしたり、職種によってはスポーツ選手の記録更新に貢献することのできる素晴らしい仕事です。
だからこそ、経験値や能力に見合った収入や職場環境で、イキイキと働いてほしいと筆者は思うのです。
そこで、この記事では柔道整復師の年収アップ方法についてご紹介します。
#目次
  • |なかには年収1,000万円以上の人も!?
  • |柔道整復師 年収アップの方法5つ
  • ①独立開業する(想定年収:200万円台~1,000万円以上)
  • ②幹部クラスへのキャリアアップを目指す(想定年収:500万円~700万円以上)
  • ③副業をする(想定年収:副業によって収入幅はまちまち)
  • ④保有資格を増やし、活躍の場を広げる(想定年収:400万円~1,000万円以上)
  • ⑤昇給が見込める整骨院・接骨院に転職する(想定年収:350万円~700万円)
  • |なかには年収1,000万円以上の人も!?
    柔道整復師の年収は300万円~800万円と言われています。ただ、これは平均で、柔道整復師の中には年収1,000万円以上を稼いでいる方もいらっしゃいます。
    かなり給与幅が広い職業であることが見て取れますが、これは、柔道整復師が独立開業できる資格であること、そして治療院以外にも活躍の場が広がっていることにあります。
    では、どういった道のりを歩めば年収アップが叶うのか?
    いくつか方法をご紹介します。
    |柔道整復師 年収アップの方法5つ
    ①独立開業する(想定年収:200万円台~1,000万円以上)
    柔道整復師には、医師や歯科医師などと同様「独立開業権」が与えられているため、自身で接骨院や整骨院を開業することができます。
    独立開業した場合の年収は、一人経営なのかスタッフを含めた複数人経営なのか、運営店舗数は1店舗なのか複数店舗なのか、また売上や地域によっても大きく変わってきますが、成功している経営者の中には、1,000万円を超える年収を得ている方もいます。
    独立し、集客数と単価を上げることができれば、従業員として勤務する場合よりも大幅に収入アップすることができます。
    ただし、甘い考えでは独立開業できない、ということは言うまでもありません。開業・運営は、治療の技術力だけでは成功しません。数ある競合店から自分の店舗を選んでもらうためのマーケティング力、患者さんを呼び込むための集客力、また、リピートしてもらうための工夫、勉強継続力も必要になります。スタッフを雇う場合は、教育力も必要になってくるかもしれませんね。
    自分の店舗を持つということは夢のある話ではありますが、経営に失敗してしまうと、従業員として働いていた時のほうが年収が高かった…と後悔することにもなりかねません。経営者としての資質と心構えがあるかを客観的に考えてみる必要があるでしょう。
    ②幹部クラスへのキャリアアップを目指す(想定年収:500万円~700万円以上)
    現在の勤め先がグループ院なのであれば、分院をしている場合が多いかと思います。転職せずに、そのグループ院の分院長やエリアマネージャーを目指すというのも年収アップの方法の1つです。
    柔道整復師の場合は、従業員のまま高収入を得るというのはなかなか難しい接骨院や整骨院が多いようですが、マネージャー、院長など経営層に近い役職につくことで年収500万円~700万円以上の高収入を目指すことができます。
    もし、現在の勤め先が個人店で、経験値を積んでもなかなか希望の収入を得られないという場合には、幹部クラスへのキャリアアップを目指せるグループ院に転職をするというのも手です。
    ③副業をする(想定年収:副業によって収入幅はまちまち)
    副業・兼業を禁止している治療院もありますから、全ての方にお勧めできる収入アップ方法ではありませんが、副業をして本業プラスαの収入を得ている方もいらっしゃいます。
    副業として挙げられるものとしては、例えば、出張マッサージ師や機能訓練指導員として働いたり、本業が休みの日に別の治療院にスタッフとして入るなどがあります。柔整専門学校で講師を務めるという方法もあるようです。
    全く別の資格や特技がある場合は、それらを活かした副業を始めてみるのも良いかもしれませんね。
    ④保有資格を増やし、活躍の場を広げる(想定年収:400万円~1,000万円以上)
    柔道整復師の資格以外にも、鍼灸師や理学療法士、アスレチックトレーナーなどの資格を保有していると、基本給にプラスして資格手当が支給される職場もあります。
    また、資格手当として収入アップを目指すのではなく、スポーツトレーナーや機能訓練指導員、理学療法士などの専門職にキャリアチェンジするというのも1つの道でしょう。例えば、狭き門ではありますが、スポーツトレーナーの中でもプロスポーツチームやプロ選手と契約した場合には、年収600万円~1,000万円以上を目指すことができますし、理学療法士として医療機器メーカーに就職することで、病院や介護施設に勤めるよりも高収入を目指せる場合があります。
    ⑤昇給が見込める整骨院・接骨院に転職する(想定年収:350万円~700万円)
    もし、貴方が整骨院・接骨院にお勤めで、経験や実績の割に収入がなかなか上がらない、もしくは給与面に不満はないが、職場の風土や人間関係に問題があり続けていけるのかとお悩みの場合は、別の治療院に転職するということも1つの手段としてお勧めします。
    長く勤めていると、どこの治療院も待遇は同じようなものだろうと視野が狭くなりがちですが、整骨院・接骨院が増加している昨今、従業員の成長とライフワークバランスを重要視する治療院も増えてきています。
    例えば、研修制度や勉強会をしっかりと設け、技術習得によっての昇給を後押しする治療院。風通しの良い職場であることはもちろんのこと、賞与・歩合制でモチベーションを維持できる治療院。中には独立支援をしており、技術の向上だけでなく集客方法などの知識まで学べる治療院もあります。
    転職を少しでも迷っているなら、治療家専門の転職サイトを覗いてみることをお勧めします。最近では、1つの業種に特化した「特化型転職サイト」も数多く登場しており、柔道整復師の求人だけを集めたサイトも存在しているので、給与面や職場環境を比較しながら転職先を探すことができます。
    さらに、柔道整復師の転職手段として筆者がお勧めするのは、治療家専門の転職エージェントを利用する方法です。転職サイトの求人情報から、自分の知識と判断で転職先を決めてしまうと、成功する場合もありますが「思っていた労働条件、職場環境と違う」ということで転職を後悔することになった…ということも残念ながら少なくありません。
    そこで、柔整・鍼灸・マッサージ業界に精通したプロのエージェントに転職をサポートしてもらうことで、エージェントの広い視野と求人情報の中から、ご自身の希望に合った職場を見つけるチャンスが広がります。
    エージェントは、まず貴方の現状の悩みとビジョンをしっかりとヒアリングし、今後のキャリアプランを一緒に考えた上で求人を紹介してくれるので、転職後のミスマッチを最小限に防げる上、理想の働き方を叶えやすくなるでしょう。
    筆者がお勧めする転職支援サービス「チリョウカHR」なら、業界専門のエージェントが柔道整復師の貴方の転職を徹底サポートしてくれます!
    下記公式サイトには、チリョウカHRのエージェントを利用して実際に転職をした先輩治療家が、どのように自分らしい働き方を実現したかの実例も載っていますので、是非ご覧になってみてください。
    ≫「チリョウカHR」で悩みを解決!
    |おわりに
    いかがでしたか?

    将来をより良い方向に向かわせるには、一歩踏み出して現状を変えていくことが必要です。
    ここでご紹介した情報が、貴方が治療家としてイキイキと働くためのきっかけになれば幸いです!
    mark_email_read無料相談 comment公式LINE